IQ246の女刑事真飛聖の本名が地味!宝塚時代のあだ名もダサかった。


スポンサーリンク

こんばんは!2016年秋ドラマ、始まりましたね!

お風呂から上がったら「IQ246」の第一回を放送していたので、何となく観ることに決定!

 

気になったのが男勝りの女刑事役で出ていた女優さん。

美貌を封印し、男と張り合おうとして男っぽく振る舞うあの痛い感じ、、、なかなかいい感じに演じてますよね。

アラフォーかと思われますがものすごい美人!

立ち姿もスラッとかっこよくて、なんとなく天海祐希さんや真矢みきさんを彷彿させる、、、。

調べてみると真飛聖さんという女優さん。あれ、この名前ってもしや、、、?

と思いまして、真飛聖さんの本名やプロフィールについて調べてみましたよ!

真飛聖さんのプロフィール

 

真飛聖(まとぶせい)
本名:山下裕子(やましたゆうこ)
呼び名:まとぶん、ゆう、うん太、うんちゃん、マヒ
生年月日:1976年10月13日(40歳)
身長:167㎝
血液型:B型
出身地:神奈川県川崎市出身
学歴:中延学園高等学校(朋優学院高等学校)出身
職業:女優、元宝塚歌劇団・花組・男役トップスター、81期生
所属事務所:ワタナベエンターテインメント所属

 

芸名の由来

そう、真飛聖(まとぶせい)さんは宝塚出身!

いかにも宝塚なお名前ですよね。

在籍当時は男役として活躍なさっており、限られたタカラジェンヌだけがなれる花組男役トップスターの座についています!

このちょっといかにも宝塚な芸名の由来ですが、、、名付け親は真飛聖さんご本人です。

「真飛」はお母様が読んでいた書籍「マートブ! ―自由を求めて550日」から取ったそうです。

この作品はノンフィクションで、著者の一人であるベティ・マムーディさんの娘さんの名前「マートブ」の響きを気に入り、当て字で名付けられました。

「聖」は「真飛」に合わせて付けられました。

この作品、恋愛小説などではなく人権問題を扱うノンフィクションなので、真飛聖さんのお母さんはかなりの読書家か、研究職などをなさっているのかな。フツーの主婦は読まない本ですよ。

お母さんぶっちゃけめっちゃ頭良さそうという感想を持ちました。

響きが気に入ったということは真飛さんは「マートブ! ―自由を求めて550日」を読んでいないのでしょうか?

ちなみに本名の山下裕子(やましたゆうこ)って本当に普通の名前ですね、、、。

 

ビオレ

私の高校のクラスメートにもいましたね。

スポンサーリンク

真飛聖さんの本名やあだ名は?

先ほども書きましたが真飛聖さんの本名は山下裕子(やましたゆうこ)さん、と言います。

あの華やかな外観からな予想もつかないほど、、地味!!普通!!!

でも42歳ですし、まだキラキラネームも存在しない時代の生まれなのでこんなもんなのかな?

タカラジェンヌは愛称で呼ばれるのが一般的で、真飛聖さんもたくさんあだ名を持っています。

いくつかご紹介します。

まとぶん・・・これは普通ですね。ゆるキャラにいそうで可愛いですね。

ゆう、ゆうちゃん・・・これは本名の「ゆうこ」から来ていますね。

本名を呼ぶって宝塚独特の文化なのでしょうか?宝塚に全く詳しくない私にはちょっと違和感がありますね。

だって堀北真希さんを「まりちゃん」って呼ぶようなもんですからね。

 

うん太、うんちゃん・・・宝塚の絵麻緒ゆうさんの甥に似ているので、その甥の愛称を取ったそうです。っていうか甥って誰、、、。

そんな個人的な理由であだ名ってつけちゃっていいの?ドラマによくある「昔飼ってた犬に似てる」的な感じでしょうか?

マヒ・・・宝塚の朝澄けいさんが「真飛」を読み間違えたことかららしいのですが、、、。

すみません。爆笑!ファンの方ごめんなさい。

だってやはり「麻痺」を連想してしまう、、、。だって、

 

マヒ、ですよ!

 

ビオレ

水卜麻美アナウンサーを「ミトちゃん」って呼ぶのは可愛いですが、マヒって、、!

まとめ

・真飛聖さんを通して宝塚の文化に少し触れることができた。

・お母さんが頭良さそう。

・真飛聖が宝塚でめっちゃ人気があったことはわかった。

ではでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ビオレ

元ネットアイドル。 アラサーに差しかかった頃「このままの生き方だと、ある日その辺の道端に倒れてても不思議じゃない、、。私、普通の会社とかで仕事って出来るんだろうか、、、。」と自分の能力と将来に不安を覚え、一部上場企業のOLに転身。現在は仕事の傍らフツーの夫と息子と共に暮らしています。前職では激務の余りほぼTVを観ない生活をしており、世間のトレンドに余りに疎くなっていたので、世間話のネタ帳としてこんなブログをはじめました。