有村架純が来春朝ドラ主演決定!「ひよっこ」主人公のモデルは?


スポンサーリンク


来春のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の主演が有村架純さんに決定しました!

タイトルは「ひよっこ」です。

有村架純さんといえば朝ドラ「あまちゃん」で、主人公の天野アキの母親である小泉今日子演じる天野春子の若き日の姿を演じた事から大ブレイク!映画「ビリギャル」のヒットや月9での主演も記憶に新しく、CMにもひっぱりだこです。

朝ドラと言えばそれまで演技もしたことのないような無名の新人がオーディションを受けて主演を射止め、一躍国民的スターに、、、というのが昔からのパターンでしたが、現在の朝ドラ「とと姉ちゃん」主演の高畑充希も数年前の朝ドラに脇役として出演した事から注目を集めブレイクし今回主人公の座を射止めており、更に昨年の朝ドラ「まれ」主演の土屋太鳳もオーディションでの選出ながらも朝ドラに脇役としての出演経験がありました。時代が変わってきているのかもしれません。

確かに実績や経験の有る女優さん達を選んだ方が安全かもしれませんが、昔から朝ドラを観ている身としては昔のようなシンデレラストーリーをまた見てみたい気もします。その点「あさが来た」の波留さんはキャリアはあるものの目立った作品はなく、朝ドラにも出た事がなかったのでとても新鮮な気持ちで観られました。とはいえテレビ離れがささやかれ、朝ドラの平均視聴率も下がっている現在ですので、制作側もやはり冒険はしにくいのかもしれません。

ただ来年の朝ドラ「ひよっこ」ですが、冒険している点があります。

放映開始時期 タイトル 平均視聴率 モデル
2010年3月 ゲゲゲの女房 18.6 漫画家水木しげるの妻
2010年9月 てっぱん 17.2 オリジナル
2011年4月 おひさま 18.8 オリジナル
2011年10月 カーネーション 19.1 デザイナー小篠綾子(コシノ三姉妹の母)
2012年4月 梅ちゃん先生 20.7 オリジナル
2012年10月 純と愛 17.1 オリジナル
2013年4月 あまちゃん 20.6 オリジナル
2013年9月 ごちそうさん 22.3 オリジナル
2014年3月 花子とアン 22.6 「赤毛のアン」翻訳者村岡花子
2014年9月 マッサン 21.1 ニッカウイスキー創業者竹鶴政孝
2015年3月 まれ 19.4 オリジナル
2015年9月 あさが来た 23.5 実業家で教育者の広岡浅子
2016年4月 とと姉ちゃん 放映中 暮しの手帖社の創業者・大橋鎭子
2016年10月 べっぴんさん ?? 子供服メーカー「ファミリア」創業者

スポンサーリンク


表にしてみたのですが、近年の朝ドラはほとんど実在の人物をモデルにした作品が続いています。

実在の人物をモデルにした作品の方が視聴率が取りやすいようです。放送された年代により朝ドラ自体の人気も違いますので、視聴率を純粋に数字だけで比べるのではなく、同じ年代に放映された作品と比べてみると、前後の作品と比較して数字が良くないのはオリジナルの脚本の場合が多いです。

有村架純主演の「ひよっこ」は完全なオリジナル作品であり、モデルはいません。

私が観ていて感じるのですが、オリジナル脚本の作品は視聴率が落ちてくると内容が迷走しやすい気がします。

「まれ」も視聴率が落ちてきた時期に突然それまで存在しないように扱われていた姑が登場し主人公まれをいびり始めドン引きしました。「視聴率落ちてきたからドラマ好きの主婦が好きそうな姑が嫁をいびるシーンでもぶち込んだら食いつくだろ!」位に考えたんだろうか、、、と馬鹿にされたような気分になりました。パティシエを目指す主人公をちゃんと描くだけで十分面白いはずなのに!!お客の入らないラーメン屋がラーメンと関係ないメニューを増やし始めるのに似ています。当然打開策にはならずお客は離れる一方です。

モデルがいる脚本の場合は多少内容が暴走しても、核となっている実在の人物の人生があるのでリアリティが失われにくい様に思います。

そんなわけで安定感のある高畑充希と実在の人物がモデルという「とと姉ちゃん」の視聴率が安定しているのはなるべくしてなった状況なのではないでしょうか。

次の朝ドラ「べっぴんさん」も子供服メーカー「ファミリア」の創業者がモデルと明らかに「実在の人物をモデルにすれば当たる!」戦略で来ています。おそらく低視聴率にはならないと思います。

有村架純主演の「ひよっこ」はどんな作品になるのでしょうか?オリジナル作品は外れやすいというジンクスを打ち破って、朝ドラに新たな局面をもたらす事が出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ビオレ

元ネットアイドル。 アラサーに差しかかった頃「このままの生き方だと、ある日その辺の道端に倒れてても不思議じゃない、、。私、普通の会社とかで仕事って出来るんだろうか、、、。」と自分の能力と将来に不安を覚え、一部上場企業のOLに転身。現在は仕事の傍らフツーの夫と息子と共に暮らしています。前職では激務の余りほぼTVを観ない生活をしており、世間のトレンドに余りに疎くなっていたので、世間話のネタ帳としてこんなブログをはじめました。