島川慎一は指切断も克服し4度目のパラリンピック!車いすラグビーを始めたきっかけは?

15

スポンサーリンク


本日ご紹介するのはパラリンピックの人気競技であるウィルチェアー(車いす)ラグビーの島川 慎一選手!

なんと2001年に日本代表入りし、アテネ、北京、ロンドンとパラリンピックに3回連続出場。そう、リオパラリンピックは4回目の出場なんです!レジェンドと言っても過言ではないですよね。

今年の日本は金メダルの有力候補で、ここ数年で最高水準と評されています。

池 透暢選手と池崎 大輔選手が有名ですが、彼らを支える他の選手達も当然の様にハイレベル!

そして何より!イケメンが多い!島川慎一選手もすごくかっこいいんですよ!

【関連記事】イケメンも集めてしまいました、、、。

山田拓朗選手がイケメン過ぎるので画像・動画をひたすら集めた(リオパラ水泳)

リオパラリンピック出場のイケメン日本人選手まとめ!

島川慎一選手のプロフィール

12

島川 慎一(しまかわ しんいち)
生年月日:41歳
居住地:埼玉県所沢市
勤務先:バークレイズ証券株式会社
所属:BLITZ
障がい:頸髄損傷
出場種目:ウィルチェアー(車いす)ラグビー 3.0

島川慎一選手がウィルチェアー(車いす)ラグビーを始めたきっかけ

島川慎一選手はもともと障がいは有りませんでした。

スポーツも特に得意というわけではなく、小学生の時にサッカーをしていたレベルだったそうです。

しかし、21歳の時に仕事中の交通事故で四肢に麻痺が残る障害を負い、以来車椅子で生活をする事になります。

怪我をする前まではスポーツにはあまり縁がなかった上、団体競技には自分は向いていないという自覚が有り、ウィルチェアーラグビーにも最初は全く興味がなかったそうです。

「スポーツなんて小学生の頃にサッカーをやっていた程度です。

もともと自分は、かちっと真面目にスポーツをするようなタイプじゃありません。

それにチームスポーツは大嫌いでしたからね」

しかし、1999年に無理矢理友人に連れていかれてウィルチェアーラグビーの試合を観戦した事がきっかけで変化が訪れます。

普段は何をするにも健常者より時間がかかるはずの選手達が俊敏なチェアワークでコートを走り回り、信じられないような速度でガツン、ガツンと体当たりしている様子にすっかり夢中になってしまい、自らもウィルチェアーラグビーを始める事になるのです。

そしてなんとその年の1999年11月、日本選手権初出場!

以後は日本選手権に連続出場し、ベストプレーヤー賞、MVPなどを受賞し、日本を代表する選手となっていきます。

ビオレ
物凄い勢いでトッププレーヤーへの階段を駆け上がっていったんですね!

所沢市を拠点としたチーム”BLITZ”を創設!

2005年に所沢市を拠点としたウィルチェアーラグビーチーム”BLITZ”を創設します!

現在まで日本選手権大会で合計8回優勝している名門チーム。国内トップチームの一つと言えます!

アメリカ国内リーグでも活躍!

15

2005-2006 シーズンより USQRA(アメリカ国内リーグ)でプレーに参加しています。

2005-2006シーズンの全米選手権で初優勝し、なんと外国人選手としては初めてとなる年間最優秀選手賞を受賞!!

アメリカ国内リーグに計4シーズン参加し、内2シーズンは全米優勝!

世界レベルでも通用するプレーヤーとなったのです!

 

ビオレ

本場アメリカで年間最優秀選手ってすごくないですか!??

島川選手、なんであんまり話題になってないんだろう、、、。

スポンサーリンク

3度のパラリンピックに出場!

2001年に日本代表選手に選ばれ、以降アテネパラリンピック、北京パラリンピック、ロンドンパラリンピックに出場しています。

しかし島川慎一選手にとってパラリンピックに良い思い出はないようです。

初参加のアテネは最下位。北京は8チーム中7位と世界との差を痛感させられます。

3度目のロンドンは雪辱を胸に4位まで上り詰めましたが、惜しくもメダルには届かず。

今回のリオでメダルを獲得するのは悲願とも言えます!

 

ロンドンパラリンピック直前に指を切断

BLITZのメンバーとして参加した2010年日本選手権大会の決勝戦。

試合開始から約10分で右手の人差し指を切断してしまい、グローブの中に切れた指先が残ったまま搬送されるという大事故が起きます。

必死の治療・リハビリを経てロンドンパラリンピックに出場はしたものの、プレイの勘は戻らず、試合中に何を擦ればよいのかわからなくなった事もあったそうです。

メダルを逃した事以上に悔いが残り、このままでは終わらせたくないとリオパラリンピックを目指す道を選びました。

まとめ

13

1999年にウィルチェアラグビーを始め日本代表となり、以降日本のトップ選手の座を守り続けている島川慎一選手。17年代表で居続けるというのは並大抵の事ではありませんよね!

リオは競技人生の集大成であり、終われば引退も視野に入れているそうです。

4度目のパラリンピックで悲願のメダル!是非勝ち取ってほしいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ビオレ

元ネットアイドル。 アラサーに差しかかった頃「このままの生き方だと、ある日その辺の道端に倒れてても不思議じゃない、、。私、普通の会社とかで仕事って出来るんだろうか、、、。」と自分の能力と将来に不安を覚え、一部上場企業のOLに転身。現在は仕事の傍らフツーの夫と息子と共に暮らしています。前職では激務の余りほぼTVを観ない生活をしており、世間のトレンドに余りに疎くなっていたので、世間話のネタ帳としてこんなブログをはじめました。