二條実穂は元大工の棟梁!車いすテニスでリオパラに!プロフィールや事故の原因など

03

スポンサーリンク

リオパラリンピック、車いすテニス女子に出場する二條実穂選手に注目してみます!

とてもお綺麗な二條実穂選手。最近のスポーツ選手は本当に綺麗な方が多いですね、、、

【関連記事】池愛里は17歳美人女子高生スイマー!身長や高校は?実は社長令嬢!障害は何?

その外見に似合わず、元々は大工の棟梁をしていたというちょっと変わった経歴の持ち主です!

プロフィール

02
二條 実穂(にじょう みほ)
生年月日:1980年12月8日 35歳
出身地:北海道 深川市
現在居住地:神奈川県横浜市
身長:157cm
利き腕:右
勤務先:株式会社シグマクシス
所属先:株式会社シグマクシス
出場競技:車いすテニス女子

ランキング:世界ランキング22位 国内ランキング2位(2016/4/21現在)

 

車いすテニスを始めたきっかけは?

二條実穂選手は北海道の深川市出身!

テニスが好きで大工さんになりたいという夢を持つ活発な女の子でした。技術を学ぶ為旭川高等技術専門学院に進学、卒業後は念願の建築会社に就職し、仕事ぶりを認められて若くして現場の棟梁を任されました。

その直後の2003年、高さ約3メートルの足場の上で作業中に貧血を起こし、後ろ向きに転落し、脊髄(せきずい)を損傷し車いすの生活となりました。23歳の頃です。

若い女性は貧血の場合が多いですが、こんな事も有るんですね、、、。本当に怖いです。

車いすテニスを知ったのは8か月の長い入院生活の中での事でした。

外泊が許可され、帰った自宅で夜中に目が覚めてテレビをつけると、車いすテニスのドキュメンタリー番組を放映していたそうです。

二條実穂選手、実は中高の部活ではソフトテニスに打ち込み、社会人になってからも硬式テニスのスクールに通っていた程テニスに打ち込んできました。

観た瞬間に「私もやりたい!」と思ったそうです。それ以来は車いすで生活をして行く事への不安より、テニスをやりたいという気持ちの方が強い状態で入院生活を送りました。

運命に導かれるように車いすテニスに出会ったのですね。

スポンサーリンク

退院後5日後にはテニスコートへ

退院5日後にはラケットを握り、車いすテニスを始めていた二條実穂選手。

すごい行動力ですね!

めきめき頭角を現し、翌年には海外遠征に参加!

04

事故に遭うまでに続けていたテニスでは、国内で優秀な成績を残すまでには至らなかったものの、車いすテニスでは国内ではあっという間にトップクラスのプレーヤーになった二條実穂選手。

しかし遠征で出向いたヨーロッパではトップ選手の迫力や技術力に驚き、世界のレベルの高さを痛感しました。

「このままでは追いつけない」

2007年にはパラリンピック出場を目指して、旭川から横浜に拠点を移しました。

日本代表の指導者がコーチに付きましたが、2008年から2年間、肩を故障して実戦から遠ざかっていた事などが影響し、ロンドンパラリンピックは出場を逃しました。

今回のリオで初めてのパラリンピック出場となります!

結婚しているの?性格は??プロフィールなど

二條実穂選手についてのプロフィールを調べてみたのですが、まずご結婚されているそうです!

どんな方がお相手なのかは、ちょっとわかりませんでした。

性格はとにかく前向きで更には歌が上手いらしい!

周りの方にとても愛される性格で、二條実穂選手が勤めていた建築会社の社長さんは彼女の為にテニス部を社内に新設し、練習相手も務めていたそうです。

まとめ

元大工の棟梁という異色の経歴を持つ二條実穂選手!
プレイスタイルはフォアハンドストロークによる展開が得意で、積極的な攻めの姿勢が特徴だそうです!

前回のロンドンパラリンピックを逃した際は泣き崩れ、念願のリオパラリンピック出場権を獲得しました!

彼女について調べていて本当に凄いと思ったのは、事故に遭い障害を持ってから車いすテニスを始めるまでの行動の速さ!

大工さんをしていた時もあっという間に棟梁に上り詰めた事からわかる様に、これだ!と思った事にはまっしぐらの女性なんでしょうね。

パラリンピックでの活躍がとっても楽しみです!

【関連記事】川野将太 リオパラ車いすテニスイケメン選手!年齢やプロフィールなど!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ビオレ

元ネットアイドル。 アラサーに差しかかった頃「このままの生き方だと、ある日その辺の道端に倒れてても不思議じゃない、、。私、普通の会社とかで仕事って出来るんだろうか、、、。」と自分の能力と将来に不安を覚え、一部上場企業のOLに転身。現在は仕事の傍らフツーの夫と息子と共に暮らしています。前職では激務の余りほぼTVを観ない生活をしており、世間のトレンドに余りに疎くなっていたので、世間話のネタ帳としてこんなブログをはじめました。